【初心者大人向け】早川剛デッサン教室|銀座のデッサン専門絵画教室

鉛筆練りゴム(画材)は全部出して使おう【デッサンのコツ】

前置き

今回はデッサンを描く際に
初心者がよく陥りがちな罠について
解説します。

結論

まず最初に結論から。
鉛筆、練りゴム等の画材はすべて机の上に出して描きましょう。

道具をすべて出す理由

何故って?

例えばですが、
特定の濃さの鉛筆のみ
机の上に出して描いた場合、
どうしても出した鉛筆だけで
描こうと無意識にしてしまう
ためです。

実際には様々な濃さの鉛筆や練りゴムを使った方が
深みが出たり、雰囲気を出しやすいのです。

例えば6Bから6Hの鉛筆を持っているなら、
様々な濃さの鉛筆を使いやすいようにした方が、
自然と様々な濃さの鉛筆を使って描くことになる
のです。

限られた濃さの鉛筆だけ出して使っていると
無意識に同じ濃さの鉛筆だけで
描こうとしてしまうのが
人情
なのです。

描きやすさを意識しましょう

絵を描く際の一つのコツとして
いかに間違い辛い、
描きやすい状況に自分をセッティングするか

と、言うのがあります。

難しく考える必要はありません。

右利きの人なら右側
左利きの人なら左側
使う道具を一通り出して
あれこれ画材を使いやすいように
した方が描きやすいよね?

色んな画材を使って描いた方が
変化がついて雰囲気が表現しやすいよね?

と、単にそれだけの話です。

もし今まで意識したことが無いのであれば
今後意識してみてください。

以上本日の小ネタでした。

体験教室募集中

早川剛デッサン教室では
体験教室参加者を募集しています。

公式LINEでも
各ページに設置してある
送信フォームからでも
お申し込み可能です。

ちなみに公式LINEの場合、
登録してもらっただけだと
誰が登録してくれたのかは
こちらからは分かりません。

体験希望」とLINEしてもらえると
認識できるので
希望される方はご協力お願いします。

また、公式LINEに登録して
LINEを送ると他の人から見れるか?となると
グループラインではないので見れません。
自分と送り主とのチャット形式になります。

なので希望される方は
気にされず体験希望の旨お伝えください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込み

体験教室をご希望の方は
以下送信フォームか、早川剛デッサン教室公式ラインよりご連絡ください。
公式ラインの場合は「体験希望」とだけ記載してお送りください。
追ってこちらよりご連絡差し上げます。

お名前 必須
メールアドレス 必須
メッセージ質問事項等あれば記載ください。何も記載せずに送信頂いても問題ありません。

以下のアドレス、連絡先でもお問い合わせ等受け付けております。
万が一返信がない場合等こちらへ御連絡ください。

090-9801-9626
mail★hayakawagou.com
※スパム対策の為、メール送信の際は大変お手数ですが★を@に変えて送信ください。

過去ブログ

体験教室公式ライン